屋根塗装とカバー工法はどっちがお得?屋根リフォームを成功させる秘訣

屋根塗装とカバー工法

そろそろ屋根リフォームをしようと考えてはいるけれど、まだそんなに劣化が進んでいる訳ではないし、まだ良いかな…と後回しにしていると、小さな劣化が大きな傷みになり、結果的により多くの費用がかかってしまいます。

思い立ったらすぐにリフォームをする事をお勧めします。しかし、屋根リフォームは塗装にするべきなのか?重ね葺きにするべきなのか?葺き替えるべきなのか?と悩みますよね。

今回は屋根リフォームの種類と屋根リフォーム時に必ず知っておいて欲しいことをお伝えしますね。

イーヤネット

1. 屋根が劣化する原因を知っておこう

建物は年月が経過すると、どうしても傷んできてしまいます。

屋根も同様に、年月が経過すると次第に傷みの症状が出てきます。

その原因の一番としては、屋根が雨や紫外線に晒され続ける状況に置かれているから、といった理由があります。屋根は建物上部を覆い、雨や紫外線から内部を守ってくれます。

その為、代わりに雨や紫外線といった要因を引き受けてくれています。

雨は水分を多く含む為、金属部材を錆びさせてしまったり、更にはカビや藻が生えてしまったりする原因となってしまいます。

又、紫外線は、塗装の色褪せや剥がれの原因となってしまいます。

その他にも、部材に強い力が加わったが為に、ヒビ割れが起こる場合もあります。台風など風が強い季節には、屋根のヒビ割れが起こりやすくなる為、十分な注意が必要です。

この様に屋根に劣化をもたらす要因は様々なのです。

2. 屋根の劣化状態を知っておこう!

屋根のリフォームをする前に、まず初めに行うのが屋根の劣化状態を確認して知る事です。

この劣化状態により、実はまだリフォームの必要が無い場合もありますし、リフォームが必要となれば、その工事内容も変わってきます。

屋根は普段あまり目にする部分ではないので、劣化していても気付かない事が多いですが、2階から1階の屋根を見る事は出来ますので、気付いた時に定期的にチェックをしておくと良いかもしれません。

それではリフォームが必要とみられる屋根の主な劣化症状をお伝えします。

2-1. 屋根の主な劣化症状

  • チョーキング現象が起きている。
  • ひび割れが起きている。
  • 軒天や天井に雨漏りが起きている。
  • 鉄部にサビがある。
  • 塗膜が剥がれている。
  • 瓦が割れている、欠けている、ズレている。
  • 苔やカビが発生している。
  • 釘が浮いている。
  • 下地が劣化している。
  • 色が褪せている。
  • 反り返っている。

3. 屋根の劣化症状に応じた最適なリフォームを把握しよう

現在あなたのお家に起こっている劣化症状はどちらでしたでしょうか?

次はその劣化症状に対して、どの様な工事を行えば良いのかを紹介していきます。

3-1. 屋根塗装が必要な劣化症状

  • チョーキング現象が起きている。
  • ひび割れが起きている。
  • 鉄部にサビがある。
  • 塗膜が剥がれている。
  • 色が褪せている。
  • 反り返っている。

 3-2. 屋根の葺き替えが必要な劣化症状

  • 軒天や天井に雨漏れが起きている。
  • 下地が劣化している。

3-3. 屋根の葺き替えもしくは重ね葺き工事(カバー工法)が必要な劣化症状

  • 瓦が割れている、欠けている、ズレている。
  • 苔やカビが発生している。
  • 釘が浮いている。

4. 屋根リフォーム工事の種類と目安費用を知っておこう

4-1. 屋根塗装工事

屋根塗装工事

目安費用:35万円~120万円

塗装が劣化しただけの場合に行う工事です。

若干の錆が出ている程度であれば、塗装工事で補修、メンテナンスをする事が可能です。外壁塗装は永久的なものではなく、数年~10数年の間隔で定期的な塗り替えが必要になります。

外壁塗装については、クラック(ひび割れ)や塗装剥がれなどの程度に合わせて、塗装を行う前に下地補修を行います。劣化が激しくなってから塗り替えを行った場合、外壁自体にも傷みが生じている場合もあり、補修の費用が高額になってしまう場合もあります。

その為、外壁そのものにダメージが届く前に、早めの塗り替えを行う方が効率も良く費用も抑えられて経済的である場合が多くなります。

4-2. 屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事

目安費用:35万円~120万円

葺き替え工事は屋根塗装や重ね葺きに比べると価格が高いです。
既存の屋根材を全て撤去しますので、アスベストが含まれているスレート屋根材の場合はアスベストが飛散する可能性があります。

屋根材を撤去することで野地板、防水材の状況を確認する事が出来ます。

通常の工事を行っている場合、野地板や防水材は痛みにくいと言われています。

まずは業者に調査をしてもらいましょう。野地板などが傷んでいる場合は重ね葺きを行ってもあまり意味を成さない場合がありますので、ここはしっかりと確認をしてもらう必要があります。

4-3. 屋根重ね葺き工事(カバー工法)

屋根カバー工法

目安費用:80万円~250万円

スレート屋根のリフォームによく用いられる工法です。

「カバー工法」という名の通り、既存の屋根材の上に新しい屋根材をカバーして行なう屋根の修理方法です。

最もよく行われているのが、古いスレートの上に新しい屋根材を敷く方法です。

外見は屋根の葺き替えとほとんど違いはありません。

しかし、古いスレートなど、屋根材の撤去と処分が不要になる為、施工期間が短く、費用も安くなるので経済的です。

5. 屋根リフォ−ム工法別のメリットとデメリット

5-1. 屋根塗装工事のメリットとデメリット

 屋根塗装工事のメリット

【メリット1】断熱効果が向上する。

冬場は外気を遮断して、室内から屋根表面への熱も伝わりにくくなり、室温の下降を抑えて暖かくしてくれます。夏は冷房の効果を高めてくれます。

遮熱性のある塗料を併用するとより効果的です。結果1年中、快適な室温を保つ事が出来ます。

【メリット2】遮熱効果が向上する。

直射日光などによる、外壁や屋根表面の温度上昇を抑える効果があり、部屋の温度差を少なくしてくれます。

また、省エネ効果もあり、断熱性の高いものと併用する事で夏場は屋根の表面から屋根裏や2階の室内への熱が伝わりにくくなり、室温の上昇を抑えます。冬場の温度も安定します。

【メリット3】防水効果が向上する。

防水性を高めることによって、屋根を水分や湿気による痛みから守ります。

現在の雨漏りを止める性能はありませんが、将来の雨漏りリスクがかなり低減されます。

又、雨ジミからも家を守ります。より防水効果を高めたい場合には結露を防ぐ透湿性の高い塗料もあるので、検討してみると良いでしょう。

【メリット4】耐久効果が向上する。

塗料の種類にもよりますが、塗装する事により、外壁の耐久性を高めることが出来ます。

【メリット5】抗菌性が向上する。

スレートの苔や、屋根の下地部分のカビの発生を抑える効果があります。

【メリット6】防錆性が向上する。

棟板金やトタン屋根などのサビの発生を抑えます。

【メリット7】屋根材が保護出来る。

スレートや金属部分の腐食が防止出来て、屋根の葺き替え工事が不要になります。

屋根塗装工事のデメリット

【デメリット1】雨漏りが発生する。

塗装方法によっては、屋根塗装が原因で雨漏りが発生する事があります。

その訳は素人が良く失敗する「塗り過ぎ」にあります。手間が掛からない為、悪徳業者がこの「塗り過ぎ」を行う事があります。塗装を塗り過ぎると逆に雨漏りがしやすくなるのです。

【デメリット2】すぐに剥がれる。

主に塗装前の高圧洗浄やサビ落としの不足が原因ですが、その他にも屋根材と合っていない塗料や安くて質の悪い塗料を塗ったが為に剥がれてしまう場合があります。

必ずスレートならスレート用の塗料を、金属屋根なら金属屋根用の塗料を使用する必要があります。

5-1. 屋根葺き替え工事のメリットとデメリット

屋根葺き替え工事のメリット

【メリット1】寿命が延びる。

基本的には、下地を含む屋根材を全て新しいものに交換するので、屋根が新築になるのと同じです。これにより、耐久年数が非常に長くなり、次のメンテナンスの時期がかなり先になります。

【メリット2】地震に強くなる。

最近のほとんどの屋根材は、昔に比べて性能が上がり、しかも軽量化されています。

軽い屋根材に交換すれば耐震性を上げる事も出来ます。その理由は住宅全体の重心が低くなり、振り子の原理で地震に対しての揺れが小さくなるからです。

特に瓦屋根から鉄板系の屋根に葺き替えると、建物の構造にかかる負担はかなり軽減されます。

【メリット3】既存の屋根を解体するので、下地(野地板、防水紙)の状態を確認する事が出来る。

表面の屋根材だけでなく、下に敷いてある防水シートも交換するので、下地の腐食を補修することが出来て、屋根全体を健康に保つ事が出来ます。

【メリット4】屋根が新品になるので、外観の見栄えが良くなる。

屋根材が交換されて新品になるので、新築の様にピカピカになります。

屋根葺き替え工事のデメリット

【デメリット1】他の工事に比べると費用が高額になってしまう。

屋根材を全て葺き替えるので、材料費、施工費共にかなり高額になります。

職人の人件費もその分増加します。出費が一番のデメリットだと言っても良いでしょう。

【デメリット2】工事期間が長くなる。

既存の屋根材を処分しなければならない為、解体工事に手間がかかり、工事期間が長くなってしまいます。

【デメリット3】解体工事によるトラブルが発生しやすい。

解体工事による騒音やホコリの問題でご近所とのトラブルが発生する事が考えられるので、工事を行う際には細心の注意が必要です。ご近所の自動車は一時的にコインパーキングなどに移動させておいた方が良い場合もあります。

多少お金はかかってしまいますが、ご近所とトラブルになってしまうと、解決が難しくなる事もあるので、トラブル防止の為でしたら安いものだと思います。

【デメリット4】解体工事により、大量のアスベストが飛散する恐れがある。

2000年以前のスレート屋根には、「アスベスト」が含まれています。

解体工事を行うと粉塵を飛散させてしまうので、屋根材を剥がす為に大量のアスベストが飛散する恐れがあります。現在、私達の身の回りには約3000種類のアスベストを含む製品があると言われており。

その多くが、屋根や外壁などの建築物や吹付け材に利用されています。施工業者はもちろん、ご近所の方々にも影響が出る可能性がある為、特別な対策が必要になります。

また別途「廃棄物処理費用」などもかかり全体でかなりの工事費用がかかることを理解しておきましょう。工事費用は高額になりますが、一度葺き替えを行えば、以後アスベストに悩まされることは無くなる為、安心です。

5-3. 屋根重ね葺き工事(カバー工法)のメリットとデメリット

屋根重ね葺き工事(カバー工法)のメリット

【メリット1】廃材が出ないので、費用が抑えられる。

今の屋根の上に新しい屋根を被せるので、基本的に「廃材」が出ない。その為、廃材を処分する費用や撤去費用がかからず、安価で行える。

【メリット2】葺き替え工事に比べて、解体工事の際に大きな音やホコリが立ちにくい。

ご近所にも迷惑がかからず、スムーズに工事が行える。

【メリット3】遮音性を向上させる。

今の屋根の上に新しい屋根を被せるという二重構造の仕組みの為、遮音性も上がる。

【メリット4】断熱効果を向上させる。

屋根が二重になる事と同じになるので、断熱の効果も高くなります。

屋根重ね葺き工事(カバー工法)のデメリット

【デメリット1】屋根が重くなる。

屋根の上に屋根を重ねて、屋根が二重になる為、どうしても重くなってしまう。

その為、耐震性が下がってしまう。この工事は、建物の強度が無い場合には難しい工事です。

【デメリット2】施工後にトラブルが起こった場合の場所の特定が難しい。

屋根が二重になっているので、例えば施工した後に雨漏りなどが起こった場合、劣化の場所を特定するのが難しいです。

【デメリット3】上から被せる為、下地の現状が把握出来ない。

その為、肝心な下地が腐食していても、そのままになってしまいます。

屋根が劣化し過ぎている場合は、内部の補修が必須になる為、葺き替えてしまった方が

良い場合が多いです。

【デメリット4】既存の屋根が瓦屋根の場合はお勧めが出来ない。

瓦屋根の場合は既存の瓦を全て外さなければならない為、工事を行う事が100%不可能ではないが、瓦屋根の場合はお勧めが出来ません。

この場合には思い切って、葺き替えてしまった方が良いでしょう。

【デメリット4】いざという時に火災保険を利用しての修理が難しくなる。

カバー工法で工事をした屋根は火災保険を利用して、修理の出来る可能性が極端に低くなります。その大きな理由として挙げられるのが、屋根の構造が二重になっている為です。

火災保険の「風災補償」や「雪災補償」は突風や強風や積雪によって、屋根が何らかの損害を受けた時に補償してくれるものです。

カバー工法で工事をすると、その後に風や雪の影響で雨漏りが起きてしまった場合、古い屋根材の方に問題がある可能性も否めません。

カバー工法は、古い屋根材にネジなどで新しい屋根材を固定する工事方法の為、その穴が原因で雨漏り等のトラブルが発生している可能性も考えられます。その為、起こっているトラブルが、必ずしも突風や強風や積雪が原因だとは言い切れないのです。

6. 屋根リフォームを依頼してはいけない悪徳業者の存在

屋根だけに限らず、様々なリフォーム工事に関して、知識が無い人達を狙って、全く必要ではない工事を勧める悪徳リフォーム業者が多数存在しています。

この人達の目的は、いかに高額な工事をさせて、大金を奪い取るか、それだけです!

間違っても、そんな悪徳業者の餌食にならない様に悪徳業者がどんな人達なのかを知り、自分の目で見抜ける様にしておきましょう!

悪徳業者の共通した特徴としては、いきなり家に訪れて「今だけ特別に無料点検を行っています。」と壁や屋根の点検を勧めてきます。

そして点検をすると、必ず、「早く工事をして直さなくては、家を傷めてしまいますよ!」と早急にリフォームをする事を勧めてきます。

まず、脅す様な言葉で「早急に工事をしなければ大変な事になる!」や「もうこの家は腐りかけている!」などと言い、割引をするなどして、お得感を出して、「早急の契約」を迫ってきます。

他にも「このままじゃ家が倒れる!」などと恐怖心を煽るようなセリフも言ってきます。

この様な言葉を言われると、やはり焦ってきますし、不安になってきて、「すぐに工事をしなければいけない。」という気持ちになってくるかも知れません。

ですが、安心してください。家はそんなに簡単には倒れません。

恐怖心を煽ったり、早急な契約を迫ったり、その様な業者は悪徳業者と思ってしまって良いです!

しかし、悪徳業者が初めから悪い顔をしている訳ではありません。

反対に、どんなに良い人に見えても、良心的な業者だとも限りません。

営業に来た人は優しそうで、人が良さそうで、場合によっては低姿勢な対応の人かもしれません。しかし、こちらの質問に対してきちんと答えない態度や、いい加減な対応など、少しでも見えたら、怪しいと思ってください!

もしもこの様な業者から契約を迫られたら、断る勇気を持ってください!

あなたの大切なお家の屋根工事なのです。必ず、きちんと責任を持って工事をしてくれる優良な業者へ依頼してくださいね。

まとめ

屋根工事を行うによって大切な事は、お家の劣化状態に合ったリフォーム工事を行う事です。その為にも、どのリフォーム工事が適しているのかをきちんと判断してくれて、その工事を丁寧に行ってくれる業者を見つける事がとても大切になります。

どの工事を行ったとしても大きな費用がかかります。

決して簡単に決める様な事はしないでくださいね。

その為にも、見積もりは1つの見積もりだけでなく、複数の相見積もりを取る事を強くお勧めします。相見積もりを取って、複数の業者の中からあなたにあった業者さんを見つけてくださいね。

屋根修理・雨漏り修理
屋根に関するお悩みをリフォームで解決しませんか?

イーヤネットでは、無料であなたの地元の屋根修理の専門業者を複数ご紹介するので、適正な価格で工事を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です