あなたの家のその雨漏り 火災保険で修理が出来るかも知れません

雨漏りで火災保険を申請

皆さんが加入している火災保険、実はその火災保険を利用して、雨漏り修理が無料で出来るかも知れないのです。

それは火災保険の中の「風災補償」という補償を利用します。

修理内容によって異なる場合もありますが、この「風災補償」であなたのお家の雨漏りを無料で直せる事が出来るかも知れないのです。

イーヤネット

 

今回はそんなお得な方法をお伝えしていきますね。

あなたが加入している保険の内容と併せて確認してみてください。

 

「風災」とは何?

「風災」と聞くと風による災害だという事は何となく理解出来ますが、具体的にはどういった災害の事なのでしょうか?簡単にお伝えします。

例えば、台風により、屋根が吹き飛ばされたり、強風で窓が割れてしまったり、屋根瓦が飛ばされてしまった様な場合は「風災」に該当します。

注意が必要なのは、強風によって飛んで来た看板などが家にぶつかって来た場合です。

これは飛来物による損害として扱われそうですが、火災保険の事故のパターンとしては「風災」として扱われるのです。

そして「風災」と認められるにはいくつかの条件をクリアしていないといけません。

 

条件1:強風での被害であること。

「強風での被害」と言ってもどの程度の風が強風なのかは判断が難しいところです。

主に通常とは異なる強い風を指します。

強い風の基準は「最大瞬間風速」によって判断されます。

(※「最大風速」ではなく、「最大瞬間風速」です。ここが重要です。)

具体的には「最大瞬間風速20メートル/秒」が基準となります。

それ以下であれば、その風は強い風ではないと判断されて「風災補償」の対象外となってしまいます。

しかし、強風の被害であったとしても、一体いつの風で家が壊れたのか、その詳しい日時を正確に把握している方は少ないと思います。

その場合は業者に大体の時期を伝えるだけでも大丈夫です。

いつ、どの地域で、どれくらいの最大瞬間風速の風が吹いたのか、そのデータはインターネット上で調べる事が可能ですので、時期と照らし合わせて、自然災害を受けた日時を決定します。

 

条件2:3年以内の被害であること。

「風災補償」は風災被害に遭った日から3年以上経ってしまうと補償適用外となってしまいます。

しかし、上記でも記載した通り、今この記事を見て申請しようと思った人でも、いつ被害に遭ったのか?とその詳しい日時を正確に把握している方は少ないと思います。

そういった場合でも全く問題はありません。被害を受けた日から3年経過していなければ良いので、その期間内の強風に該当すれば良いのです。

3年間の間に強風は何度も吹いているはずなので、そこまで深く悩まれる必要はないでしょう。

 

条件3:修理費用が20万円以上であること。

最後に修理費用が20万円以上でなければ補償対象に該当しない場合が多いです。

加入している火災保険の補償内容にもよりますが、20万円以上の修理であれば大丈夫でしょう。

一般的に、屋根の雨漏りを修理するのに20万円未満という見積りはほとんど無いようです。

その為、ほとんどの方が補償対象になるので心配する事はないでしょう。

 

以上、火災保険の風災補償を適用させる為には「強風、3年以内の被害、20万円以上の修理」という3つの条件が必要とお伝えしましたが、見積もりを依頼される方の大半はこの3つの条件を簡単にクリア出来ます。

「自分の家は該当しないだろう」そう決めつけずに、まずは業者の方に相談される事をお勧めします。

 

火災保険が利用出来る事を知らずに、既に雨漏り修理をしてしまった場合でも大丈夫です

又、既に工事を行ってしまった場合でも諦める必要はありません。

工事を行ってから、2年以内であれば火災保険の申請をする事が可能なのです。

支払った工事代金が戻って来る訳ですから、利用しない手はありませんよね。

但し、申請する為には屋根が風災で破損してしまい、それに対して、確かに工事が行われたという証明の為、以下の書類が必要になります。

 

  • 工事前の被害箇所の写真
  • 工事後の被害箇所の写真
  • 工事代金の見積もりと領収書

 

火災保険が適用されるのは、あくまで「風災被害」による屋根の修理に対してのみです。

経年劣化による破損や色褪せなどは対象となりませんので注意が必要です。

全ての屋根修理が火災保険適用の対象にはならないという事も予め覚えておいてくださいね。

「風災」などによる被害が確実なのであれば、屋根修理をしてしまった後でも諦めずに、火災保険を利用してぜひ工事代金を取り戻してください。

 

まとめ

この様に、あなたも条件さえ当てはまれば、雨漏りの修理は保険を利用して無料で行う事が出来るのです。

突然雨漏りが発生してしまい、早急に修理を行わなければならないと分かっていても、修理費用が心配でなかなか修理に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

保険が適用されたら、そんな心配も無くなりますね。

火災保険で雨漏り修理が行えるという事は中々知られてないのですが、保険会社のパンフレットにもシッカリと記載されている、正当な事なのです。

勿論、火災保険料を支払っている人にしかこの方法は利用する事は出来ません。

毎月保険料をシッカリと支払っているのであれば、あなたはそれだけで保険を申請する権利があります。せっかく加入している火災保険です。

是非この機会に活用して頂き、お得に修理をしてくださいね。

屋根修理・雨漏り修理
屋根に関するお悩みをリフォームで解決しませんか?

イーヤネットでは、無料であなたの地元の屋根修理の専門業者を複数ご紹介するので、適正な価格で工事を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です