雨漏りの典型的な3つの症状と放置するほど拡大する健康被害の危険性

サッシからの雨漏り

雨漏りには下記のような症状があります。

  • 天井や壁に雨染みが出来ている。
  • 雨が降るとポタポタと音がする。
  • 天井から水滴が落ちてくる。

これら3つ共、雨漏りの前兆や代表的な症状です。

この記事では雨漏りの症状について具体的に解説します。

イーヤネット

これらの症状を放置しておくと、建物内に湿気が溜まり、雨漏りの悪化やシロアリの発生と言う深刻な二次被害を招きかねません。

ここまで被害が拡大してしまうと大規模な工事が必要となり、その分、修理費用も高くなってしまいます。

2.雨漏りの症状と被害

雨漏りが発生しても、数年はシミが出来るだけで、特に深刻な問題は起こっていないからと、修理を行わずに放っておいている方は結構いらっしゃると思います。

雨漏りの厄介なところは、雨が降る度に雨漏りを起こすわけではないというところです。

その為、一度雨漏りが発生したとしても、毎回雨漏りしなければ、1つのシミが出来ただけで、大きな影響は無いだろうと考えてしまうのです。

しかし、その考えは大きな誤りなのです。

目に見えて雨漏りの被害が出て来ているということは、既に建物に対して何かしらの悪影響を及ぼしている可能性が非常に高いです。

外壁からの雨漏りにしろ、屋根からの雨漏りにしろ、雨水が侵入して来たからと言ってすぐに雨漏りになる事はありません。

多くの場合は天井裏などの隙間から雨水が侵入して、許容範囲を超えた結果、初めて雨漏りとして目に見える様になるからです。

つまり、雨漏りの症状を目の当たりにした時は、既に見えない裏の場所では雨漏りが起きていて、症状が隠せない位に酷くなり、表に出てきたという事が多いのです。

雨漏りがもたらす被害の中でも、一番深刻な問題になるのが木造部分の腐食です。

雨漏りをして湿度が高くなった状態が長く続くと、木造部分は腐食し始めます。最初は軽度の腐食だったとしても、天井裏で太陽の光も届かない、ジメジメとした空間が長時間続くと腐食は急速に進行していきます。

腐食が進行していくと、建物の重要な部分の耐久力を奪い取ってしまい、最悪は倒壊になる恐れもあるのです。

この様な状況にならない為にも、雨漏りが発生した場合はまず原因の調査や現状の家の状態を確かめる事が必要になります。

更に、雨漏りがもたらす家の被害は木造部分の不足だけではありません。

厄介な被害はまだまだあります。特に代表的なのがシロアリによる被害です。

雨水などで湿気た木材はシロアリの大好物です。

腐食とシロアリによる被害が同時に進行すれば、家の寿命はあっという間に短くなってしまいます。

雨漏りを放置すればする程、この様な重大な原因に繋がる可能性が高くなります。

多くの方が考えられる様に、雨漏りはすぐに家が壊れるような原因にはなりにくいのですが、少しずつ着々と建物の耐久力を奪っていき、最終的には家を倒壊させてしまう原因になってしまうのです。

1-1.雨漏りの健康被害

雨漏りを放置しておく事で建物にもたらす被害はこれまでご説明してきた通りです。

ただ、雨漏りがもたらす被害は、何も建物だけに限られた事ではありません。

雨漏りの結果、家族の健康に悪影響を及ぼす事も少なくないのです。

その原因を作っているのがカビです。

多くの方が知っている様に、カビは湿度の高いところに発生し、カビの種類によっては深刻なアレルギー感染症の原因や人体に対して悪影響を及ぼします。

カビが引き起こす問題は他にも臭いの問題があります。

家がカビ臭く感じた場合は雨漏りが原因でカビが発生している可能性が高いので、カビの臭いには要注意です。

表面上は何の問題も無い様に見えても、実は裏側はカビだらけという事もあります。

その原因の多くが外壁などから侵入した雨水なのです。

この様な事態を避ける為にも、雨漏りを見つけたら、すぐに業者に修理依頼をしましょう。

まとめ

雨漏りは今までお伝えしてきた様に、実に多くのトラブルを招きます。

早く雨漏りを見つける事が出来れば、その分、建物への被害も抑える事が出来ます。

建物の為にも、出来るだけ早く修理を行うのが望ましいのです。

又、早く修理を行う事により、修理費用も安く収める事が出来ます。

早めの修理は良い事づくしですよ。

雨漏りの前兆を見つけたら、放っておく事なく早めに業者に修理依頼をしてくださいね。

屋根修理・雨漏り修理
屋根に関するお悩みをリフォームで解決しませんか?

イーヤネットでは、無料であなたの地元の屋根修理の専門業者を複数ご紹介するので、適正な価格で工事を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です