屋根の棟板金の雨漏りの原因を理解して確実な修理を実現する基礎知識

瓦屋根の棟

「昨日から、急に雨漏りが始まった。」

「台風やゲリラ豪雨の時にだけ雨漏りがする。」

「以前より、天井の雨染みが大きくなった気がする。」

雨漏りについてお調べなら、あなたの家でも、最近この様な現象が起きたのではないでしょうか?

しかし実際に、この様な現象が起きていても、きっと雨漏り修理の費用は高いのだろうなと遠回しにして、その雨漏りをそのままにされたりはしていないでしょうか?

その雨漏り、本当にそのままにしていて良いのですか?

今は生活に何も支障の無い小さな雨漏りかも知れませんが、その小さな雨漏りも放っておくととんでもなく大変な事態になってしまうのです。

屋根全体の大規模な工事になってしまう事も考えられます。

今のうちに、雨漏りが小さなうちに、修理をして欲しいのです。

1.屋根からの雨漏りの主な原因の第1位は棟からの雨水の侵入なのです。

 屋根からの雨漏りの原因で一番多いのが、棟からの雨水の浸入と言えます。

棟とは屋根の繋ぎ目として重要な役割を担っている部分の事を言います。

屋根の面同士を繋いでいる重要な部分ですから、この部分が痛む事により、雨漏りが発生する事は私達素人にも、簡単に予想が出来ると思います。

棟瓦の中には土が入っています。その土が経年劣化により、崩れてきたり、雨で流れて少なくなってしまうと、瓦がズレてきます。

瓦がズレてしまうと棟の一番上部分にある冠瓦が歪んできたりします。

棟瓦は少しズレてしまうと、今は何の支障が無くとも、必ず少しずつ、棟の形が変わってきてしまいます。

決して放っておいても良くなる事ではないのです。

そして最終的には棟から雨水が侵入し、建物内部への雨漏りに繋がるのです。

棟からの雨水の浸入は屋根平部の瓦の下を勾配に流れて、下地を傷める事にも繋がります。

棟の取り直し工事は安価では出来ませんが、これ以上に状態が酷くなってしまうと、屋根全体を葺き替える工事になり兼ねません。

屋根葺き替え工事になると、勿論、修理費用も高額になってしまいます。

棟から雨漏りになる実際の原因についてもう少し詳しくお伝えしますね。

2.瓦屋根の棟部分の漆喰からの雨水の侵入

 瓦屋根の頂点や平面部分の境目で斜めに伸びている部分には、瓦を固定したり隙間を埋めるために漆喰(瓦と瓦を繋ぐ役割)が使われています。

この漆喰が劣化などの為、ヒビが入ったり剥がれたりすると、そこから雨水が侵入します。

ここから雨水が入ってしまうと、瓦の下を通って家の内部にまで侵入してしまう為、雨漏りになってしまいます。

3.漆喰の見た目には問題が無くても、以下の様な現象を発見したら雨漏りの原因と疑おう。

  • 瓦が一部だけ広く敷かれている。
  • 瓦の角度は中央が低く、外側が高い。
  • 漆喰が瓦と同じ位、ギリギリまで塗られている。(本来塗られる範囲は内側までである)
  • 棟の下の瓦が正しく配置されておらず、中央部分の隙間が大きく空いている。

この様に、棟瓦の下の部分が適切な処理をされていないと、雨水が上手く、流れずに雨漏りになってしまう場合があります。 漆喰の見た目に異変が無いにも関わらず、雨漏りが発生している場合には、この辺りを疑ってみるべきでしょう。

4.金属屋根、スレート屋根の棟板金の浮きによる雨水の侵入

 棟板金は、突風や強風などにより、中の木が経年劣化などで弱くなり、板金を止めている釘が浮いてきてしまうなどの理由で棟板金が浮いてしまう事があります。この状態のまま放っておくと、隙間から雨水が侵入して雨漏りの原因となってしまう為、早めの補修が必要になります。

5.雨漏りの応急処置の方法

雨漏りの応急処置の方法としては、屋根をブルーシートで覆ったり、防水テープやシリコンで補修をしたりといくつかの方法がありますが、いずれも応急処置だという事を忘れないで下さい。

一時を凌ぐだけなので、しばらく経つと必ず雨漏りは再発します。

別の場所も劣化が進み、雨漏りの箇所が多くなる事も考えられます。

雨漏り修理は必ず業者に依頼してください。決してご自身で雨漏り修理を行う事はしないでくださいね。

雨漏り修理はどうしても高所作業になるので危険な作業になります。そこはプロの業者に任せてください。

まとめ

漆喰が少し痛んでしまったり、棟板金が少し浮いてしまった位では、すぐに雨漏りにはならないかも知れません。

しかし、そのまま何もせずに放っておけば必ず雨漏りになる事は間違いありません。

そうならない為にも、少しでも異変に気付いたのなら、それがどんなに小さな傷みであれ、すぐに業者に依頼をして、修理をしてもらってください。

傷みが大きくなってからでは、修理箇所も修理費用も大きくなってしまいます。

小さいうちに、早め早めの対応が大切なのです。

また、業者に依頼する際には、見積もりは1つの業者だけでなく、複数の業者、最低でも3つの業者から相見積もりを取る事をお勧めします。

その業者の中からあなたにあった業者を選んでくださいね。

屋根修理・雨漏り修理
屋根に関するお悩みをリフォームで解決しませんか?

イーヤネットでは、無料であなたの地元の屋根修理の専門業者を複数ご紹介するので、適正な価格で工事を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です