遮熱塗料|屋根塗装の実際に効果と遮熱性能を最大化させるための知識

塗料

最近注目されている“遮熱塗料”。

遮熱塗料は、屋根にも外壁にも塗装することが可能ですが、通常の塗料よりも少しお値段が高い分、取り入れるか悩むところだと思います。確かにお値段は張りますが、本当にその効果が見られるのでしたら取り入れた方が長い目でみてお得になりますよね。

この記事では、この“遮熱塗料”について深く追及していきたいと思います。

イーヤネット

1.遮熱塗料とは

太陽の直射日光を受けると、住宅屋根の表面温度は70℃~80℃以上上昇すると言われています。その為、一般的な住宅の屋根には“断熱材”と言われる材料が取り入れられています。しかし、断熱材が入っている住宅でも、いくらクーラーを効かせたところで、室内にも熱が伝わって室内温度を上げてしまうものです。

この症状を軽減させるための物が“遮熱塗料”となるわけです。

遮熱塗料とは、住宅の表面温度を減少させることで、室内に伝わる熱を大幅にカットすることを目的とし、結果電気代の節約に繋がるといいます。

2.遮熱塗料の効果

結論から言うと、効果はあります!!しかし、その効果を「肌で実感できる」とは少々言い難いのも事実かもしれません。

上記でも説明したように、遮熱塗料の特徴は塗装した箇所の表面温度を軽減する働きを担っていますから、当然塗装すれば効果を発揮してくれます。何も塗っていない建物に比べ、塗装した建物の方が室内の温度上昇を抑えることができ、尚且つ断熱材と併用した方がより効果を得られることは可能です。

余談になりますが、外壁材に遮熱塗料を使用するよりも、屋根材に遮熱塗料を使用した方が効果を得られやすいと言えるでしょう。やはり、外壁よりも屋根の方が直射日光の影響を大きく受けるからですね。

3.遮熱塗料の効果を軽減させてしまう理由

上記で遮熱塗料の効果をご紹介しましたが、場合によっては温度が下がったことを実感できるレベルではなく、肌で感じることも困難と言える時もあります。その理由は、遮熱塗料の効果は塗装する色によって大きく影響を受けてしまうからです。

【白は太陽光を反射する色・黒は太陽光を吸収しやすい色】

この原理を思い浮かべればわかりやすいと思います。遮熱塗料も同様に、黒(または同系色)を塗装した場合、どうしてもその効果は減少してしまいます。遮熱塗料ではない白系塗料と遮熱塗料の黒系色を同じ条件で比較した場合、表面温度にそれほど変化が見られないとも言われています。

しかし、ほとんどの住宅が汚れなどの理由で、屋根材に白色を導入する方は少なく、ほとんどの方が白系以外の屋根材を使用しています。よって、カタログのデータを100%鵜呑みにしてしまうのは現実的ではないと言えます。

 4.遮熱塗料のメリット・デメリット

 【メリット】

    • 付着部の表面温度をカットする
    • 省エネ効果が期待できる
    • 防水効果に特化した塗料をしようすることで、防水性も高められる

 【デメリット】

    • 通常塗料よりも若干費用が高い
    • 暗い色の屋根材ほど効果を実感しにくい
    • 塗装後数年経過した後に、変色しやすい

5.遮熱塗料の費用目安

遮熱塗料は様々なメーカーから製造されており、一概には言えませんが、通常の塗料よりも【約200円/㎡】程度高くなります。確かに使用するとなると金額の負担が少し大きくなりますが、省エネ効果が期待できるのですから、その分電気代の負担が軽くなると言えます。

長い目でみたら断然遮熱塗料を塗装した方が経済的にはお得になるでしょう。

 6.まとめ

いかがでしたでしょうか?

遮熱塗料は特殊塗料と言えますので、その効果を確実に発揮させるにはその住宅に合った塗料を使用することが絶対条件です。また、きちんと施工することでその効果の寿命を延ばすことが出来るので、施工してもらう業者はしっかりと選びましょう。

屋根修理・雨漏り修理
屋根に関するお悩みをリフォームで解決しませんか?

イーヤネットでは、無料であなたの地元の屋根修理の専門業者を複数ご紹介するので、適正な価格で工事を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です