屋根の種類によって変化するデザインと価格

屋根のデザイン

「葺き替え工事を検討しているけど、どのような屋根材に葺き変えればいいのだろう?」、「住宅の購入を検討しているけど屋根の種類によって何が違うの?」

そう、疑問に感じることはありませんか?

そこで、この記事では屋根の種類や、屋根材の種類によって将来のメンテナンスコストがどのように変わるのか?といった費用面から、住みやすさなどの住環境の違いについて詳しく解説してまいります。

もしあなたが、屋根の葺き替え工事や新築住宅の購入を検討していらっしゃるのであれば引き続きこの先をお読みください。

イーヤネット

屋根を構成する要素

一概に屋根の種類といっても様々あります。その中で、最適な屋根材や屋根の形状を把握する為には下記の3点について詳しく理解しておく必要があります。

その3点とは下記の通りです。

  • 価格
  • 性能
  • デザイン

それぞれ、具体的にみていきましょう。

価格

注文住宅などで屋根を選ぶ際に建築士の相談を受けながら屋根の形状も一緒に検討するはずです。

様々なデザインサンプルを比較をしながら検討しているはずです。

屋根を検討する際に。「陸屋根にして屋上でホームパーティーがしたい!」、「片流れ屋根にしておしゃれな外観にしたい!」と様々なイメージが湧くものですが、この屋根形状によってまず、変わってくるのが価格です。

正確には、屋根のメンテナンスコストです。

そもそも、住宅を所有したらメンテナンスが必要となります。

屋根に使用されている屋根材や、屋根形状によって劣化に対する耐性やメンテナンスサイクルも異なる為に、屋根の種類によってメンテナンスコストが変動します。

もちろん、屋根の種類によって最初のイニシャルこすとも変わりますが、メンテナンスコストが大きく変動することをまずはしっかり頭に入れておきましょう。

性能

屋根の種類によって性能も異なります。

特に屋根の素材によってメンテナンスのサイクルや耐用年数が異なる為に、耐久性や、遮熱性、遮音性、耐震性といった項目に影響を与えます。

その為に屋根を選ぶ際はメンテナンスコストや住環境を考えながら、選ぶことが大切です。

デザイン

屋根は外壁と共に、その家の印象を決める重要な要因となります。

特に屋根の形状はお家全体の印象を大きく左右する為に、慎重に検討することが重要です。

一方で、屋根材によっても屋根の印象は大きく変わります。スレート瓦や瓦屋根の色によっても家全体の印象が変わる為に、外壁とのマッチングも合わせて検討することが重要です。

特に近年、スタイリッシュな印象を演出できるとして、片流れ屋根を使用する住宅も増えてきました。

そこで、ここからはデザインに特化した片流れ屋根の施工事例について見ていきましょう。

デザインが魅力的な片流れ屋根事例

方流れ屋根

抜粋1:http://www.shirop-studio.com/works/f-haus/f-haus.html

方流れ屋根

抜粋2:http://www.designers.misawa.co.jp/example/index.cgi?id=515

方流れ屋根

抜粋3:http://a-def.com/jirei/51

方流れ屋根

抜粋4:http://www.yuyu-jutaku.gr.jp/works/new-house/nanshin/anan/post-146.html

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?屋根の形状や種類によって耐用年数や費用が異なる為に、慎重に検討する必要があります。

また、軒先の長さによっても日当たりが違ってくるので、見た目やデザインだけではなく、住みやすやなども考慮して慎重に選ぶことが重要です。

屋根修理・雨漏り修理
屋根に関するお悩みをリフォームで解決しませんか?

イーヤネットでは、無料であなたの地元の屋根修理の専門業者を複数ご紹介するので、適正な価格で工事を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です